派遣先での労働条件

派遣社員の労働条件は、とても複雑なシステムになっています。
システム上では指示、命令をする関係と雇用関係が異なっていますから、中には労働基準法とは適していない部分もあります。
そこで、労働者派遣法という法律がつくられています。
働くことのできる職種や期間についての制限、事前面接の禁止、不満や苦情がある場合の申し立て方などについて規定されています。
契約期間中に契約解除が行われることの禁止、雇用契約外での労働といったことについても盛り込まれています。
年々法律は改正されていて、働く側からも利用する企業からもわかりやすいものになってきてはいますが、まだ今後についても改正されていく余地が残されているものとなっています。