派遣社員の給料の割り増し

最近は派遣社員を使っていない会社はないほど、正社員以外にもいろいろな形態で契約して働いている人たちがたくさんいます。
派遣の人たちの給料、残業した場合の賃金はどう定められているのでしょうか。
パートやアルバイトを深夜時間帯に働かせた場合は、時間給賃金のほかに深夜割増賃金として、通常の2割5分以上を割り増しして支払わなければならないと法律で定められています。
この深夜割増賃金が支払われる時間帯というのは、午後10時から翌日の午前5時までの間です。
これは日中働いている人たちのほか深夜だけ勤務するパート、アルバイトの人にも支払われるべきものです。
給料明細においては通常、合算した金額の内訳として明示されています。